さて、引き続き「ject」の話です。
 「知らないと勿体ない語源」の代表格ですよ。

object・・・反対する,異議を唱える, 異論, 物体

「ob(〜の方へ)」+ 「ject(〜の方へ投げる)」
 つまり、「目の前の意見に向かって投げられる」つまり
「反対する」となりました。

「目の前にあるもの」と言う事で、名詞にすると「異論, 物体」と言う
意味にもなります。

≪objectの派生語≫
CHECK!



project・・・企画、映し出す、企画する、発射する

 「pro」は「pre」と同じく、「前へ、前に」と言う意味です。
「企画」を意味するプロジェクトは、「前に投げかける」と言う意味で
「project」と言う単語が出来ました。

 「プロジェクションマッピング」と言う技術が日本では大流行して
いますが、projection(=投影)と言う言葉が含まれています。

 プロジェクターなどをご存じの方も飲み込みやすいかも知れません。


 そして次回の停車駅はこの「project」駅です。
「pro」, 「pre」で始まる単語、ご存じないですか?
 とりあえず袋に入れて一度に考えてしまいましょう。

-----------------------≪reject駅、推測コーナー≫-----------------
 
 レストランが混んでいます。入口には座席が並んで5人ほど
列を作って待っています。

 順番を待ちきれない男性が店員に言いました。
「Hasn't my turn come?(まだ俺の順番来ないの?)」

 他にも彼は色々うるさいです。他のお客さんにも迷惑です。
とうとうウェイトレスさんは・・

The waitress finally ejected him from the restaurant.

 さて、この「eject」はどういう意味でしょう?
今回学んだことを使うと憶測が付くかも知れません。

 答えは次号メルマガにてお話します。
-------------------------------------------------------------------

お読みいただきありがとうございました。
お友達と、会話のネタにでも使って頂けたら光栄です。

戻る