皆さん 「incredible」駅に到着しました。

 前回のメールでも記述させて頂いた通り「cred」はcrediit cardのように
「信用」を表します。

 そして今回は「ble」と略されていますが、これは「able」の事です。
意味は「出来る」と言う形容詞です。
 
 すると残るは今回の主役、「in」と言う接頭辞です。こちらは続く言葉を
「不・・」「非・・」のように意味を打ち消す働きをします。


「では今回の駅名にもなっている「incredible」と言う単語を語源ごとに
区切って並べてみます。

「in」+「cred」+「ble」
「否定」+「信用」+「出来る」・・
「信じられない、信じ難い、信用できない」

そう、実は前名になった「discreditable」と似た意味の単語です。


そして今回は「incredible」の接頭辞になっている「in」のお話です。


「in」は先ほどお話したように、後に続く言葉を「不・・」「非・・」
のように意味を打ち消す働きをします。

まず例を見てみましょう。



immediate・・・即座の

 「mid」や「medi」は「middle(ミドル)」の「mid」です。
「immediate」は「ミドルでない」、つまり「中間的でない」と言う事で
「即座の」と言う意味になります。

 midium(ミディアム)もこちらのmidを使って、「中くらい焼き」と言う
意味になっています。

≪immediateの派生語≫
CHECK!



incompetent・・・無能な、無力な、何もできない、手腕のない、不適任者

「competent(con, comは別の機会に紹介)」は「有能な」と言う意味
なのですが、この「有能な」を打ち消して、「無能な、無力な」と言う
意味になります。

≪incompetentの派生語≫
CHECK!


 もし学生の頃、「in」「im」の綴り間違いでテストで-1点されていたと
したら、その先生がどういう時に「in」で、どういう時が「im」になり
易いのか教えてもらえたか思い出してみて下さい。

 結構教えてもらえた人は少なかったのではないでしょうか?

その秘密は次々回お話します。楽しみにしていてください。


-------------≪「discreditable」駅、単語の意味推測コーナーの回答≫------------

前メールでの問題は

「credit squeeze」と言う表現でした。

 squeeze(スクイーズ)は、「圧力を掛ける」「圧迫する」と言う意味です。

では...「credit」を「squeeze」するのを何と言うのでしょうか?

これが 皆さんも、新聞でお読みになった事があったかもしれない、

「金融引き締め(政策)、銀行の貸し渋り」

と言う意味になるのです。嫌な単語ですね。(^-^;) でもこの手の単語は
ビジネス系表現ですので、TOEICでたまたま出会ったら儲けものと思って下さい。

--------------------------------------------------------------------

お読みいただきありがとうございました。
またお会い出来ましたら本当に嬉しく思います。
戻る