学生時代、皆さんの先生方は、「判らない英単語があったら前後関係で予測しなさい」
と仰いませんでしたでしょうか?

  『暗記』が嫌いな、苦手な私にはこの言葉はとても魅力的でした。
  この言葉を信じ、暗記の嫌いな私は高校受験の勉強では英文法を学ぶ事にかなり時間を
費やし、その結果、試験では呆然自失。滑りに滑って、世に言う「滑り止め」に引っかかるという
危うき目に遭いました。

  しかし、今英語を教えている私から言わせてもらえば、1つや2つの単語ならいざ知らず、
5つあったら単語の意味推測は難しいです。
  今なら得意の語源をもってある程度の推測が出来たんでしょうか・・?
  もしあなたが「暗記は嫌だ」と仰るのなら、是非、「出来る限り暗記をしない」で済むための
お手伝いを私にさせて下さい。


  英単語を、まるで漢字の意味を予測するように…、おおよその意味を予想出来るように
なってしまおう…これが当サイトの目標です。

  このアイデアを利用した例を、想像し易いように、漢字で例を出してみましょう。

  あなたは今、初めて「鯉」・・・「魚」へんに「里」と言う漢字に出会いました。
里帰りして見れそうな魚と言えば?「鯉(こい)?」「鮒(ふな)?」などと、
予測はその程度で十分です。何故なら、「魚だろう」と予測が既に出来ているのです。

  このように英単語でもおおよその予想が出来たら嬉しくないですか??
これはTOEICに挑戦する社会人の方でも、受験を控える学生様でも変わらない、そして重要な
知識です。

さて、今皆さんは何故英単語を覚えようとしていらっしゃいますか?社会人の方なら
TOEICでの高得点を目指しておられるのでしょうか?学生の方なら英単語を増やすのは急務ですよね?
  何を目標にするにしても、英語を学ぶ以上、ある程度の英単語数が必要となります。

  このサイトにてご紹介させて頂くメルマガ、
「英単語の『意味推測』を可能にします。英単語特急・語源連結列車!」
では、英単語の意味を「推測」する為の学習をします。

  つまり、いくつ単語覚えます!と言う言い方はしません。私と一緒に「意味推測」の練習をしましょう。

例をご紹介します

  皆さんがきっとご存じの英単語、『EXIT』は、語源(英単語の部品、(漢字で言えば部首にあたります。)
に分解してみれば、

EX(枠から外へ)+IT(行く)と言う語源(単語の部品と思って下さい)で出来ています。
  「外へ行く」とまで想像出来れば「出口」の想像をするのには そんなに遠くは無いのではないでしょうか?

  その『EX(枠から外へ)』を知った上で、次の想像をしてみましょう。

  あなたに新しく出来た外人のお友達が言いました。

  "My EX(枠から外へ)boyfriend called me yesterday."

  "??? 「boyfriend」は「彼氏」…でも"EX(枠から外へ)"が先頭に付いてたな・・?
EXは「枠から外へ」だから?・・!!?彼氏の枠を出た?
もしかして、「元彼」って意味~~!?

と、実はこの推測、BINGOです。


  今度は『EXIT』の『IT(行く)』の方で、みなさんが
既に知っているかも知れない単語を一つ探してみました。

  『visit』・・・「訪ねる」と言う意味です。
この「vis」ですが、実は「visual(ビジュアル)系」とか皆さんの使っていたかも知れない「vis」です。
その他では「3D vision(ビジョン)」などと皆さんがTVのCMなどで聞いた事のあるかも知れない「vis」です。

  予想付いたでしょうか?この「vis」は「見る」と言う意味があります。
すると「visit」は・・・?「vis(見る)」+「it(行く)」、つまり「見に行く」です。言い方を変えて
「訪ねる」と言う意味になるのです。


  今「circuit(サーキット)」と言う単語を考えてみて下さい。
「circu」の意味は"circle"です。
  そしてその後には今学んだ『IT(行く)』が付いています。

  ではレースなどで使われる「circuit(サーキット)」と言う単語、どんな道なのでしょう?
何となく予想つきませんか?

11111http://wordchain.cozyetf.biz/magazine/の中身は